看護師バイト 介護施設



愛知県 看護師求人を見つけるなら



愛知県 看護師求人を見つけるなら TOPページ > 介護施設で働く看護師 > 看護師が復職先に介護施設を選ぶ理由って?

病院やクリニックより医療行為が少ない介護施設

介護施設の看護師ニーズは高い

看護師として復職する際、介護施設を勤務先に選ぶナースが多いようです。

あなたも「介護施設で職場復帰したい」とお考えではないでしょうか?

病院やクリニックより介護施設を復帰に選ぶ理由として多いのは、「医療行為の少なさ」ですね。

ブランクの期間にもよりますが、看護師はダイレクトに人命に関わる仕事ですから、あまりに休職期間が長い場合、すぐに病棟復帰はしづらいかもしれません。

国も潜在看護師の職場復帰に積極的ですし、病院の中には復職支援セミナー・研修会に力を入れている所もあります。愛知県は大規模な病院も多いので、そのような支援セミナーに参加するのも一つの方法です。

それと共に、まずは医療行為の少ないデイサービスや老人ホームで復帰する、という選択肢もあるんですよね。

実際、看護師紹介会社・派遣会社の公開求人を調べると分かりますが、介護施設の看護師ニーズは高いです。その背景として超高齢化社会の進行がありますが、今後すぐに少子高齢化が終わることはないでしょう。

65歳以上の高齢者が両親(90代の高齢者)を介護する時代になっていますし、特別養護老人ホームや介護老人保健施設が足りない、という問題も出ているんですよね。

そのため政府としても在宅介護へシフトする方針を打ち出していますが、その場合も看護師の求人ニーズは変わらない、もしくはより高くなると予想できます。

夜勤がない事も介護施設を選ぶ理由

職場復帰に介護施設を選ぶ場合、「その後に病院へ復帰しづらくなる」とお考えの方もいますが、介護施設で経験を積むことで、その後に正社員や契約社員として、他の介護施設へ転職する道も開かれますね。

もちろん、まずは介護施設で働いて、将来的に病院復帰するという選択肢も可能です。

5年、10年と長く介護施設で働く場合は病棟や外来に復帰しづらいかもしれませんが、短期間のアルバイト・パートで看護師の勘を取り戻たた後、病院復帰という流れは自然ではないでしょうか?

他に復職先で介護施設を選ぶ理由としては、「夜勤がない(少ない)」ことを理由に挙げる看護師もいますね。

特にデイサービスは、文字通りデイ(昼間)に働くことが出来ますので、急性期病棟のように夜勤は難しいけれども、日勤なら復帰できるナースにとって働きやすい環境にあると言えます。

訪問看護、訪問入浴の仕事も日勤のみで働けることが多いですよ。

逆に有料老人ホームや特別養護老人ホーム、老人保健施設は入居者の生活の場となっていますので、夜勤が入ることもありますね。ただしオンコール体制を取っている場合は、月3~4回のオンコールのみで、シフトに夜勤が入らないことでしょう。

残業に関しては雇用形態によっても変わりますが、パートや派遣で働く場合は残業がほとんどないケースもあります。

そのような点も含めて、まずは人材紹介会社のエージェントに相談されてみて下さい。

愛知県の看護師求人に強い紹介会社をご紹介しています。